柏の「ふなどん」ですが、何か。
Header

種を蒔かねば実はならない

5月 19th, 2014 | Posted by funayama in 柏のふなどんの日常

昨年卒業した8ヶ月の研修仲間と今でもメールで近況報告をしています。

そのメールの文章にあった松下幸之助翁の言葉。

———————————————————————————–
『種を蒔かねば実はならない』
蒔かぬ種から一つの果実も得られないのは当たり前のこと。
しかし、種も蒔かずに、多くの果実を得ようとしていないか。
何事も、望みの結果を得たいと思うなら、それを実現するためになすべきことは何かを考え、
手順を踏んで一つ一つ実践に移さなければならない。
まず種を蒔くこと、すべてはそこから始まるのである。
———————————————————————————–

そうですね。

今でも皆研修中に読んだ文献の数々を見返しているのかと思うと頭が下がります。
たまには文献を読み返してみようと思う今日この頃です。

では、今日も一日ポジティブに頑張りましょう!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です